日本一短命の青森県に企業が続々参入 短命県返上プロジェクト

日本一の短命県と言われる青森県は、長寿日本一の長野県と3年もの開きがある上に、40代、50代、60代、70代、80代において死亡率ワースト1となっている(平成22年男性)。その青森県に、医療機器、製薬、食品、IT、通信、電機、精密機器、環境、小売業、教育、生命保険など、業界を代表する国内外の有名企業が続々と参入しているという。

各企業が青森県に興味を持ったきっかけは、男女ともに青森県が長い間、日本一の短命県であることだ。しかしこの短命県という実態が大きなビジネスチャンスとして可能性が高くなってきている。なぜ各企業は青森の短命県返上プロジェクトに参入するのか?⇒ 「日本一短命の町」に企業が続々と参入する理由(Forbes Japan)

関連記事
■47都道府県の健康寿命ランキング。前回1位を抜かしたのは?
■ネスレの「認知機能低下予防の脳トレゲーム」が面白そう!だけど…
■女性の健康の悩み、対策方法は病院・市販薬・健康食品のどれ?
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事