「一番輝いている(いた)のは何歳のとき?」意外な結果 40代女性の関心ゴト

(最終更新2017年5月,記事公開2016年11月)
肌質や髪質、ボディラインなど外見の変化や、親の老後や子どもの将来のこと、自身の老後のことなど、40代は悩みの種が増える時期だが、若い頃の自分を振り返って羨んだり、年齢を重ねることにネガティブな気持ちを抱えて毎日を過ごしているわけではないのが、今の女性たちの特徴の一つだ。

外見上の変化や悩みは尽きないが、今の40代女性は気持ちの面では充実度が高い人も多い。女性誌GLOW12月号(宝島社)が行った40代女性を対象とした「一番輝いている(いた)のはいつの自分か?」というアンケート調査では、半数以上が「40代の今が一番輝いている!」と回答している。

40代は、生活の充実度が高まり自分への注目が再び高まるとき

若さ・美しさは女性にとって大きなウェイトを占める重要事項だが、「40代の今が一番輝いている」と回答した女性が半数以上という結果を意外に感じる読者も多いのではないだろうか?

40代は、住宅ローンや、(子供がいる場合は)子供の教育費など最もお金がかかる時期だが、同時に子供がある程度大きくなったことで手がかからなくなり、独身の頃のように自分への関心・消費が再び活発になる時期でもある。

では、DINKs(子供がいない夫婦共働き世帯)や独身の40代の場合はどうだろう?仕事では管理職として責任ある仕事を任せられるようになったり、収入も増えて経済的にゆとりが出てきたという人も多い。これも、若い頃とは異なる人生の充実度が高まる要因と言える。

年齢的に、これまでの経験から「自分の興味あること、分野、やりたいこと」や「自分が楽しいと思えること、リラックスできること」などが明確になっている上で自分時間を楽しめることも、充実度が高いイコール今が一番輝いている理由と言えるかもしれない。

40代女性の興味関心ゴト

30代後半~40代女性は、20代の頃のような外見磨きや女子会での恋愛トーク以上に、内面磨きや、自身の成長、人生の充実度を後押ししてくれるような商品やサービスへの興味関心が強くなる。例えば以下のようなことだ。「内面を磨くことが、イイ女の条件」という考え方にシフトする年代と言える。

  • 資格の勉強
  • 趣味の時間(旅行、美術館巡り、神社仏閣巡り、写真、ドライブ、読書、コンサートなど)
  • 習い事(ダンス、料理、日本の伝統文化など)
  • 子供と過ごす時間
  • 夫と過ごす時間
  • 仕事

【編集部おすすめ記事】
30~40代のニーズ反映、資生堂×セブン&アイ共同のPBコスメ
30~40代女性向けの新美容系雑誌9月に刊行。10万部予定
「アンチエイジング」嫌う女性たち 次の共通語は?
PLAZAの人気コスメから、今の美容商品トレンドを理解しよう
健康への関心が高まったきっかけは?ランキングTOP9

一緒に読まれている記事