2040年の医療・福祉・介護分野の在り方

監査法人トーマツによる「2040年の医療・福祉・介護分野」に関する調査報告書では、2040年、国民の暮らしにICT、AI、ロボット等が溶け込んでいる社会の中で、医療・福祉・介護サービスがどのように変容していくのか。またその達成に向けてどのような技術やサービスが必要となるのかを調査・検討している。2040年にかけて見込まれる技術の進展例として同レポートは以下3つをあげている。

  • シミュレーション、最適化が進み、需給のコントロールが容易に
  • 個々のニーズへのマッチングが進み、新たな製品・サービスの創出が加速
  • ロボット技術が進化し、自動化・省力化が進む

⇒【詳細】2040年における未来の医療・福祉・介護分野の在り方とロードマップ策定等に関する調査報告書(有限責任監査法人トーマツ)

 

【編集部おすすめ記事】
「AIホスピタル」2022年の実現に向け採択された14の研究開発事業
【男女の違いvol.37】不調を訴える割合が高いのは男性?女性?
不育症とは?悩む女性たちの実態と女性を支える医療・自治体・情報 
医療・健康データのうち、計測&活用できているものTOP7
予防医療ビジネスの動向・事例
ダブルケアの介護に疲弊する女性たち ケアラーの平均年齢は39歳 

新着ニュース