【男女の違いvol.37】不調を訴える割合が高いのは男性?女性?

現在抱えている病気やけがなどの不調について男女に尋ねると、不調を訴える割合が全体的に高いのは女性であることが「男女の健康意識に関する調査報告書(内閣府委託事業,調査実施)」でわかった。男性に比べて女性の方が不調として訴えている割合が極めて高いのは「便秘」「肩こり」「手足が冷える」。反対に男性の割合が高いのは「肩こり」「腰痛」「体がだるい」。(画像はクリックで拡大可)

合わせて読みたい記事

 

【編集部おすすめ記事】
【男女の違い vol.4】一人になりたいと思うのは女性?男性?
【男女の違い vol.1】配偶者に介護してほしい男性と、してほしくない女性
【男女の違いvol.26】男女で異なる「独身でいる理由」
【男女の違いvol.10】1日の家事時間 夫と妻で6時間の差

新着ニュース