健康関連サービスの利用率ランキング

サントリー食品インターナショナル(東京・中央)が実施した「ウェルビーイングトレンドサーベイ2019」によると、健康関連サービスの利用率が2018年比で増加したのは「健康状態の計測結果を記録するアプリやwebサービス」「スマートウォッチ」「健康にいいことをすることでポイント還元などのメリットを得られるアプリやwebサービス」だった。反対に減少したのは「健康情報が掲載されているアプリやwebサービス」「専門家が指導してくれるアプリやwebサービス」。

健康関連サービスの利用率

出典:サントリー食品インターナショナル

 

【編集部おすすめ記事】
【男女の違いvol.37】女性が店舗をリピート利用する際に重視していること
20~60代女性が意識的に摂取する美容成分
医療・健康データのうち、計測&活用できているものTOP7
「支出増やしたい項目」と「減らしたい項目」 消費者庁調査
【年齢別】女性の美容悩み 調査・データから見えること
疲労を感じたとき、何で解決する?

新着ニュース