上昇するシニアのネット利用率 中高年層向け健康雑誌が健康情報サイトオープン

主に50〜70代の読者を持つ健康雑誌「壮快」「安心」「ゆほびか」を発行するマキノ出版が、健康情報サイト「ケンカツ!」を10月にオープンした。

記事を解説するのは、「壮快」「安心」「ゆほびか」の著者である医学部教授、医師、薬剤師、管理栄養士、治療家などの専門家。サイトは雑誌の読者層を想定した構成で、「高血圧」「ひざ痛」「糖尿病」「薄毛・白髪」「頻尿・尿もれ」「耳鳴り」「血管の若返り」など、中高年層の健康ニーズをとらえたカテゴリーが並ぶ。

これまで、シニア層に向けたサイト開設に二の足を踏んでいた企業は多かったが、60代・70代のスマホやインターネット利用者は年々増えている。シニア層をターゲットにした健康情報サイトは今後増えていきそうだ。

<合わせて読みたい記事>
■【総務省】60代~80代ネット利用率上昇 「通信利用動向調査」結果

【編集部おすすめ記事】
健康に関する情報収集、信頼できるもの・できないものは?
安心して買い物するために信頼している情報源は何?20~80代で明確な違い
ICT健康サービス 利用意向あるのに使わないシニア その理由とは?
10~60代女性、何のメディアを何時頃に何時間使ってる?
最も信頼するメディアのランキングと各メディアの印象

女性生活者の調査レポート