最も信頼するメディアのランキングと各メディアの印象

最も信頼するメディアと各メディアの印象に関する意識調査結果で、以下のことが分かった。(一般社団法人中央調査社調べ「メディアに関する全国世論調査(2016年)結果概要」2016)

1.情報信頼度

上位から「NHKテレビ」「新聞」「民法テレビ」「ラジオ」「インターネット」。「全面的に信頼している」を80点とした場合、50点を切ったのは唯一「雑誌」だけだった。

2.各メディアの印象  各項目トップ3

  • 情報が役にたつのは?:新聞、ネット、NHKテレビ
  • 情報が分かりやすいのは?:NHKテレビ、民放テレビ、新聞
  • 情報がおもしろいのは?:民放テレビ、ネット、雑誌

3.各メディアの印象として最下位にランクインしたのは、8項目中4項目が雑誌

  • 情報源として欠かせないのは?:最下位に雑誌がランクイン
  • 情報が信頼できるのは?:最下位に雑誌がランクイン
  • 情報が分かりやすいのは?:最下位に雑誌がランクイン
  • 手軽に見聞できるのは?:最下位に雑誌がランクイン

4.60代以上のネットニュース閲覧率は上昇中

  • 60代のネットニュース閲覧率は55.7%
  • 70代のネットニュース閲覧率は25.0%

マスメディア離れと言われ、テレビ視聴率の低下や新聞・雑誌の発行部数減少が何かと話題に上がるが、まだまだテレビと新聞は圧倒的な信頼度を持っているようだ。

日本で初めて若者文化を創り出してきた団塊世代がついに70歳に突入する2017年。ネットニュースの閲覧率(ネット利用率)は更に上がっていくことが予想される。レポート詳細⇒「メディアに関する全国世論調査(2016年)結果概要」(一般社団法人中央調査社)

<編集部おすすめ記事>
【総務省】10~60代女性、何のメディアを何時頃に何時間使ってる?
「幸せ・充実」を非日常には求めない女性生活者が増加中
消費者志向の分散化でメガヒットが生まれにくい…対策ヒントまとめ
女性の共感・支持を得る、最近の世界的トレンドとは

新着ニュース