最新の美容医療機器5選

新しい美のメソッドを追求して、技術革新の進む美容医療の世界。特に医療マシンの進化は近年の美容医療の人気に大きく影響してきた。日本国内の美容医療について、注目度が高まっているマシンをいくつかご紹介する。(執筆:日本国内の美容クリニック専門サイトアリュクスWEB

1.プラズマを使った導入機器が話題!「ネオジェン」

プラズマとは物質の四番めの状態でイオン化された気体のこと。滅菌用の医療機器として手術や創傷治癒の現場で長く使われてきた技術が、美容医療の導入マシンとして転用されて、数年前から普及し始めた。ネオジェンEVOはその中でも代表的なマシンのひとつ。プラズマ治療の評価を高めている大きな理由が、ドラッグデリバリー効果の高さだ。肌表面でプラズマ化して導入することで美容成分の真皮への浸透を飛躍的に高めることができる。また、滅菌効果も高くニキビの原因であるアクネ菌の除去にも高い効果を発揮する。真皮を刺激することで、皮膚再生活性化の効果も期待できる。国内向けエステ用のプラズマ機器も登場し、さらに知名度も高まりそうで、数年で日本国内で広く流行する可能性もありそうだ。

2.日本初! 国産の医療機関専用エレクトロポレーション「MESONA-J」

昨年販売が開始された日本初の国産エレクトロポレーション。イオン導入の発展系であるエレクトロポレーションは、肌のバリアを電機的な刺激で一時的に開いて美容液を真皮に浸透させる美肌治療。治療が比較的容易で、患者の負担も少ないことから美容医療の普及を担ってきた人気治療のひとつだ。その稼働率の高さからマシンの損耗も比較的激しく、機械としての寿命の短さが課題ではあった。国内向けに海外のエレクトロポレーション機器を積極的に販売してきたSeleneMedicalがその15年以上のノウハウを詰め込んだ純国産の機器を開発。エレクトロポレーション機器として最新鋭の機能を詰め込んであり、また国産ということで故障などへの対応も安心感がある。日本の多くの美容クリニックにとって、ありがたい存在になるのでは。

3.古い角質を美容液の水流で洗い流す「ジェットピール」

美容皮膚科の定番治療の二大巨頭とも言えるイオン導入の進化系がプラズマ治療やエレクトロポレーションだとしたら、古くなって暗いトーンになった肌の角質を薬剤で溶かして落とすケミカルピーリングの進化系が、水流によって角質を剥離させるジェットピールと言えるだろう。この分野の嚆矢はハイドラフェイシャルと言われるマシンで、専用の美容液をハンドピースから噴出し、皮脂や角質を丁寧に剥離しながら洗い流す治療で、欧米や韓国で大流行して日本の美容クリニックでも積極的に取り入れられるようになった。ハイドラフェイシャルは渦巻き状の水流で剥離させていく仕組みだったが、よりシンプルに生理食塩水や美容液を直線的に吹き出して肌に当てて剥離させるのがジェットピール。新型ジェットピールでは、ハイドラフェイシャルのように美容液をしっかりと肌に入れていくようになっている。

4.脂肪細胞を冷やして除去、クールでも話題はホットな痩身マシン「クールテック」

余分な脂肪を除去する方法については、温めたり超音波を当てたり薬で溶かしたりカニューレで吸い出したりと、さまざまな方法が取られてきたが、現在の急先鋒は冷やすことによって脂肪細胞だけを選んで破壊し、体外排出を促す「クライオ」系痩身マシンだろう。冷却による痩身そのものは、学会でかねて研究が進み、2010にはアメリカのFDA(厚労省のようなもの)で承認を受けて、9年かけて巷間に広まってきた。クールスカルプティングやフリーズ・ファットなどさまざまなマシンを国内のクリニックで受けることができる。クールテックはクライオの中でも比較的新しいマシンで、特に実際に肌に当てられるヘッドピース部分の改良が進み、一度に二箇所の施術や顔の脂肪などへのアプローチが可能になった

5.シミ、そばかす、くすみ除去への切れ味に優れた光治療ルメッカ(インモード)」

光を照射することでシミやそばかす、くすみ、赤み、毛穴やハリなど肌全般を向上してくれるIPL治療。光治療に関してはフォトフェイシャルM22が最も知られているが、最近女性誌を中心に大きく取り上げられているのがルメッカだ。これまでのIPLに比べて非常にパワフルなことが特徴で、シミやそばかす、くすみへの1回の治療効果が高いようだ。フォトフェイシャルと比べると、その分治療後のダウンタイムなどは出やすくなるが、なるべく早い期間でシミを取りたい女性にとってはありがたい存在になるかも。IPLは一台あたりの価格がかなり高額なため、普及はまだそれほど進んでいないが、今後の国内展開が気になるところ。

【執筆】株式会社alluxe

美容医療クリニック・美容整形のモニター募集や口コミ情報のフリーペーパーalluxeの発行、ポータルサイトalluxeWEBを運営。フリーペーパーalluxeのオフィス配布をご希望の方はinfo@alluxe.jpよりご連絡ください。

【編集部おすすめ記事】
2018年 美容医療10大ニュース
美容医療のインバウンド需要、現状と課題
年代で異なるニーズが見えてくる 20〜50代以上の美容医療人気メニュー
「成功or失敗」境界線の定義難しい美容医療 トラブルが起きる問題の本質とは?
セルフィーブームが追い風に アメリカの美容医療事情
日本との違いは? 美容大国・韓国の美容医療事情

新着ニュース