郵送不要の尿中エクオール検査キット、クラファン3時間で目標額達成 テクノメディカ

医療用分析装置・医療機器メーカーのテクノメディカ(神奈川・横浜)が今月5日、尿中エクオール検査キット「エクオテスト」の注文受付をクラウドファンディングMakuakeで開始し、わずか3時間で目標金額を達成した。

尿中エクオール検査キット

【出典】テクノメディカ

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分「エクオール」を自分の体内で作れるかを確認する検査キットで、尿の滴下から10分で判定する。最大の特徴は、郵送不要でその場で検査が完結する点。検査キットの判定窓に1本のラインが出現すれば、体内でエクオールを「作れる」、2本だと「作れない」。

検査結果の具体的な数値や今後の生活習慣改善に向けたアドバイスなどは得られず、あくまでエクオールを「作れる」「作れない」を判定するだけのシンプルなものだが、尿や血液などの検体を採取後に指定の検査機関に郵送する必要がある検査キットが主流の中、わずか10分でスピーディに結果がわかるのは便利。実際に予約購入した人は、「自宅で検査できるのがいい」「返送の手間がないのが嬉しい」など、手間の少なさを評価している(同プロジェクトサイト内より)。他、「更年期世代真っ只中。エクオールが作れる体だといいな」「ホルモン補充療法をしている。自己管理のため使ってみたい」など、ホルモンバランスが急激に崩れる更年期世代の声も。プロジェクト期間は8月15日まで。

フェムテックレポート ビジネスモデル、需要性、課題

 

 

【編集部おすすめ記事】
更年期の健康行動・意識・消費がわかる調査、3選
フェムテック・フェムケアの好影響、「更年期のイメージ」が変わったのは2022年
あすか製薬メディカル、女性ホルモン量を測定する検査キット発売
【2024年度版】女性ヘルスケア白書 市場動向予測 〜業界の最新動向と女性ニーズ〜
【レポート】売れるフェムテックの「開発」と「販売戦略」 17の障壁と対策

PAGE TOP
×