シニア世代へ本格的なスマホマーケを 60代のスマホ所有率初の5割超え

シニアのスマホ所有率が年々上がっている。NTTドコモモバイル社会研究所が行ったシニアのデバイス所有状況に関する調査で、60代のスマホ所有率が調査以来初めて5割を超え、フィーチャーフォン所有率を上回ったことがわかった。

<おすすめイベント 2018年6月7日(木)開催>
【公開座談会】健康&美容のために何を買って、何を買わない?60代女性のヘルスケアの実態を探る

70代においては依然フィーチャーフォン所有率の方が高いが、緩やかではあってもスマホ所有率は着実に上昇していることや、60代がこれから70代に突入することを考えると、70代においてもスマホ所有率が半数を超える日は近い。シニアに向けたスマホマーケティングを本格的に始める必要性が高まっている。

出典:NTTドコモモバイル社会研究所

 

【編集部おすすめ記事】
図で理解するネット・携帯電話・スマホ関連サービスの変遷
平日・休日の年代別スマホのネット利用時間
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース