女性の貧困率 何歳代から高くなる?

女性の貧困率は50代以降から高くなる傾向にあり、さらに高齢になると相対的貧困率の男女差は大きくなる。80歳以上になると、男性が16.6%なのに対し女性は27.1%。男女共同参画白書によると、高齢単身女性世帯や母子世帯の貧困率が高い状況にあるという(内閣府男女共同参画局「平成24年版男女共同参画白書」)。女性の年齢階層別相対的貧困率は以下。

  • 20~24歳:(16.8%)
  • 25~29歳:(10.7%)
  • 30~34歳:(13.5%)
  • 35~39歳:(13.4%)
  • 40~44歳:(14.9%)
  • 45~49歳:(14.0%)
  • 50~54歳:(11.6%)
  • 55~59歳:(16.6%)
  • 60~64歳:(16.9%)
  • 65~69歳:(16.7%)
  • 70~74歳:(21.3%)
  • 75~79歳:(26.6%)
  • 80歳以上:(27.1%)

【編集部おすすめ記事】
【ライフコースを理解する】何が母子家庭の貧困化を招いているか?
高齢者の貧困率、なんと日本は世界4位
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース