【話題のキーワード】介護人材確保に必要なのは「まんじゅう型から富士山型」

厚生労働省の需給推計によると、団塊世代が75歳以上になる2025年には介護人材の需給ギャップが37.7万人(需要約253万人、供給約215万人)になると予測されている。需給ギャップを埋めるための取り組みが喫緊の課題とされる中、厚生労働省は介護人材確保の総合的・計画的な推進策として「まんじゅう型から富士山型」への転換が必要であるとしている平成27年8月20日厚生労働省社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室「介護人材確保の総合的・計画的な推進」)

現状のまんじゅう型(左図)では介護人材の専門性が不明確で役割が混在しており、キャリアパスが見えづらいなどの課題がある。富士山型(右図)に転換することで以下を目指し、介護人材確保につなげる狙い。

  • 人材の裾野の拡大を進め、多様な人材の参入促進を図る
  • 本人の能力や役割分担に応じたキャリアパスを構築する
  • いったん介護の仕事についた者の定着促進を図る
  • 専門性の明確化・高度化で、継続的な質の向上を促す
  • 限られた人材を有効活用するため、機能分化を進める

 

【編集部おすすめ記事】
育児や介護をしている女性の有業率は? 就業構造基本調査
【話題のキーワード】科学的介護 ~2020年のCHASE本格運用を目指す~
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ