2019年グッドデザイン大賞はヘルスケアアイテム

多くの生活者から支持を得た2019年のデザインはどのようなものだったのか?日本デザイン振興会主催の「グッドデザイン賞」はデザインが優れたものに贈られる賞で、2019年度グッドデザイン大賞を受賞したのは、富士フィルムの「結核迅速診断キット」だった。

グッドデザイン賞

出典:富士フィルム

結核迅速診断キットでは、HIV感染者など結核罹患の可能性が高い人の診断ができ、尿中の僅かな成分から結核菌の存在を判定することで早期治療に繋げられる。電源や装置を用いないため簡単に検査できるのが特徴。デザインのポイントは以下だという。

1.操作手順が一目でわかるグラフィックと検査者の技能を問わない簡便な操作性
2.電源や専用装置を使用せず、最少部品で機能を成立させた検査デバイス
3.採取しやすい尿検体方式を実現した検査システム
引用:GOOD DESIGN AWARD

他、グッドデザイン・ベスト100はこちらからチェック。⇒【詳細】グッドデザイン賞受賞概要(GOOD DESIGN AWARD)

 

【編集部おすすめ記事】
今、生活者に求められるデザインとは?デザインの役割から考える
つい手に取りたくなる「パケ買い」ヒット商品のデザイン
離脱させないHPデザイン スマホ用とPC用 何を変えるべき?
中高年層を呼び込め 空間デザイン・プログラムで「健康への気づき」
2019年 女性の消費トレンド

女性生活者の調査レポート