「がん相談ホットライン」に寄せられる相談内容内訳

(公財)日本対がん協会 は「がん相談ホットライン(03-3541-7830)」に寄せられる乳がん相談内容内訳を公表した。

乳癌の相談内容

出典:公益財団法人日本対がん協会

  • 1位:症状・副作用・後遺症
  • 2位:治療
  • 3位:不安などの心の問題
  • 4位:医療者との関係
  • 5位:検査
  • 6位:転院
  • 7位:家族・周囲の人との関係
  • 8位:診断
  • 9位:就労・経済的な負担
  • 10位:生き方・生きがい・価値観
  • 11位:検診
  • 12位:外来

がん相談ホットラインは2006年に開設され、14年目となる今年で延べ109,040人(2019年3月末時点)が利用しており、近年は人間関係、生き方、生きがい、がんとの向き合い方など「気持ちの持ち方」の相談が増えているという。


【編集部おすすめ記事】

【年齢別】乳癌罹患率|国内の状況・検診受診の流れ・企業団体の取組
認知度高まる 女性の関心キーワード「高濃度乳房」
働く女性が「がん」と診断された時に感じる不安とは? 
女性特有の病気で、女性が不安を感じるものTOP7
がんの代替医療、死亡率高くても支持される理由 米調査
ヘルスケアビジネスとは?市場規模と国の政策コンセプト

新着ニュース