女性の8割が悩むのはどっち?「肥満」と「たるみ」

アサヒグループ食品が実施した「ダイエットに関する意識調査」で20~50代の女性の約8割は「太っている」ことよりも「たるんでいる」ことを意識していることがわかった。(アサヒグループ食品株式会社「ダイエットに関する意識調査」2017)

女性の悩み

画像:アサヒグループ食品

近年の傾向として多く見られるのは、「パリコレ女性のような細すぎる体型」よりも「ミス・ユニバースの女性のような、ボディラインを重視したメリハリある健康体型」を目指す女性で、「減量」だけを目的にダイエットをする女性は減少傾向にある。

画像:アサヒグループ食品

調査結果で「健康のため」「体を引き締めるため」が上位にランクインしていることからも、女性たちの体型・ダイエットに対する意識変化が見て取れる。女性がダイエットで「ヘルシー」を重視するようになった流れを受け、各社の訴求ポイントにも変化が見られるようになってきた。「短期間でいかに楽に減量できるか?」を訴求するのが王道だったのは以前の話、最近は同社商品含め、「キレイと健康を手に入れる」手段としてたんぱく質摂取を提案する商品が増えている。

以下にご紹介するのは、女性の間で人気の健康食品の通販サイトだ。同通販サイトでも、女性が好みそうな視点から「たんぱく質摂取」を提案している。今、女性にダイエット商品を販売するなら、「減量」よりも「ヘルシー感」を打ち出す方のが正解だ。

<関連記事>
健康・自然食品通販の成功事例 緻密な計算が女性の心を掴む

 

<編集部おすすめ記事>
「ダイエットができる!」シェアハウスする30代女性増加中
ヘルスケア市場で女性客を増やす!5つの手順別まとめ記事
30代以降女性が気にしている体の部位別たるみランキング
50代女性の外見悩み 全体的に欲しいものは?
シニア女性が今、積極的に関与・参加していること
働く女性がダイエットに取り組む動機は?

女性生活者の調査レポート