女性市場トレンドと消費傾向

2017年「女性が活躍する会社BEST100」発表

日経WOMANと日経ウーマノミクス・プロジェクトは、2017年版「女性が活躍する会社BEST100」を発表した。

女性の活躍推進が掲げられたことで国や企業により様々な取り組みが行われるようになり、企業も働く女性個々の間でも「働きやすい職場」に対する意識は高まってきている。

女性が活躍できる企業が増えることにより、今後更に働く女性や継続就業女性は増加するだろう。「少子化、少産化」「未婚率の上昇」「女性の消費パワーの向上」「ライフコースの多様化」など、働く女性の増加が様々な社会構造やマーケットの変化をもたらすことを理解しておきたい。以下の記事もご参考に。

<関連記事>
「女性の生き方の複雑化」が社会構造・経済・企業に影響する理由

消費動向に影響を与える「女性の未婚率」の現状を理解しよう

【ライフコースを理解する】子を持たない女性・DINKs層は期待のマーケット?

【編集部おすすめ記事】
女性社長比率高い業種はヘルスケア分野 全国女性社長分析2017
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
【男女の違いを理解しようvol.1】配偶者に介護してほしい男性と、してほしくない女性 意識差の背景は?
消費者志向の分散化でメガヒットが生まれにくい…対策ヒントまとめ
【最新】47都道府県の平均寿命ランキング
■女性マーケティング戦略で「女性客を増やす」ための基本の考え方

女性生活者の調査レポート