「御朱印ガール」今は神社・お寺で心身ヘルスケア

パワースポットブームもあり、神社仏閣巡りを趣味とする女性が増えている。そこで誕生したキーワードが、神社やお寺を巡り、御朱印を集める「御朱印ガール」。女性が好むようなデザイン性ある御朱印帳(朱印を押印する朱印専用の手帳)が多く登場しており、TwitterやInstagramには「#御朱印ガール」の投稿が増えている。

北海道旅行の御朱印part⑤ 彌彦(伊夜日子)神社(やひこ(いやひこ)じんじゃ) . 御祭神 天香山命(あめのかぐやまのみこと) 菅原道真公(すがわらみちざねこう) . 御由緒 彌彦 (弥彦・伊夜日子) 神社は本社が由緒ある新潟県の彌彦神社で、天之香具山命 ( あめのかぐやまのみこと ) をお祀りし、皆様の無事安泰をお祈りしています。 新潟県から札幌に移住され開発・発展に力を尽くされた有志の方々により、明治末、中島公園の地に心の拠り所と小さなお宮を建立したのが始まりです。大正9年には60坪の社殿が造営され、昭和45年に太宰府天満宮より学問の神様である菅原道真公の御分霊を拝戴、 「 札幌の天神さま 」 と呼ばれ今日に至っております。毎年札幌雪まつりに先立ち 「 太宰府天満宮梅の使節 」 が来道し、当神社にも太宰府天満宮の神職と巫女 ( 梅の使節 ) により紅梅・白梅が献花され、菅公の御霊をお慰めすると共に深く崇敬者の人々に開運と繁栄がもたらされます様お祭り ( 合祀記念祭・献花祭 ) が催されます。 昭和60年には御鎮座75年を記念し、氏子・崇敬者の皆様より心あたたまる御寄付を賜り、檜の香る神殿と大鳥居を竣工し、その後も逐年、手水舎 ( てみずしゃ ) ・参道・玉垣 ( たまがき )等、境内の整備がなされました。また、平成13年には御鎮座90年を記念し、60年振りに御神輿の渡御を行い、氏子地域である豊水すすきの地区を雄々しく巡行致しました。 こうして産土神 ( うぶすなのかみ ) として広く皆様の心の支えとし、幸福を祈り、現在に至る。 . なんの木だろ~?紅葉みたいに赤い葉 夏なのに紅葉みたいな景色だね~ なんて言ってました~ でもすっごく晴れていて めちゃくちゃ暑かった 空を見ればわかりますよね~☀️ 近くに川が流れていてここもまた いい景色~✨ 日陰は涼しかった . #北海道 #札幌 #中島公園 #彌彦神社 #伊夜日子神社 #紅葉? #暑かった #30度超え #7月初旬 #御朱印 #御朱印ガール #北海道旅行 #誕生日旅行

✨のん✨さん(@nozomi_o7o7)がシェアした投稿 –

御朱印ガールというかわいらしいネーミングがついたことで、若い人にとっても神社仏閣が身近なものに感じられるようになっている。

最近では、女性が心身のヘルスケアをする場所としても神社・寺が活躍しているようだ。女性ファッション誌CLASSY9月号p.234(光文社)の「今、お寺&神社が楽しい!」では、精進料理教室参加やヨガ体験、エステ、宿泊ができる神社や寺を紹介している。

今後はパワースポットだけではなく、心身のヘルスケアができる場所としても注目されそうだ。

【編集部おすすめ記事】

集客しやすいホットヨガの月会費はいくら?
エステサロン利用実態調査2017上半期発表
高まる漢方ニーズ 女性が思う「漢方薬のイメージ」とは?
女性が旅行に求めることは?ヘルスツーリズムの参考に
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事