まだ低い予防意識 ブルーライト日焼け

2月24日放送の「世界一受けたい授業(日本テレビ19:56~20:54)」で、スマホやパソコンから出るブルーライトにより「1日8時間、合計4日間パソコンの前にいると20分の日焼けと同等の肌ダメージを受ける」ことが紹介され、ブルーライト日焼けの対策商品に女性たちの関心が集まっている。

他、ネット上には「ブルーライト日焼け知らなかった。ブルーライト対策用日焼け止めを探します」という声も。ブルーライトによる肌への影響に着目した日焼け止め用乳液「UV エクスペール XL CCC」が2016年にランコムから発売された頃から「肌にブルーライトが良くない」という認識が生まれ女性向けメディアが時折取り上げてきたが、まだ十分には浸透していない様子。知ればすぐに対策を講じる女性は多いが、情報が不十分なために、女性たちの危機意識や予防意識はまだそう高くはないようだ。

【編集部おすすめ記事】
男女で大きな意識差が出た「日焼けしたくない部位」とは
UVケアは肌だけじゃない 新たな常識としての日焼け対策部位とは
新ジャンルコスメ登場「スポーツ化粧品」
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース