【女性の健康週間】女性の健康づくりは社会全体で支援を 各都道府県の取組

3月1日〜8日は「女性の健康週間」。女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすためには、生活の場(家庭、地域、職域、学校)を通じて、女性の様々な健康問題を社会全体で総合的に支援することが重要とし、厚生労働省では毎年3月1日~8日を「女性の健康週間」と定め、女性の健康づくりを国民運動として展開している。各都道府県の取り組み内容はこちら

東京都では、目標とするがん検診受診率50%を達成するため、今年で3年目となる「それゆけ!検診女子」と題した子宮頸がん検診の普及啓発キャンペーンを実施。子宮頸がん検診の受診率が低い若い世代に検診の重要性を伝えることを目的に、若者から支持を得ているモデル・タレントが「子宮頸がん検診応援ガール」に任命され、SNSやブログなどで情報発信をしている。

【編集部おすすめ記事】
30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10
ひとり親の困りごと “自分の健康” シングルマザー・ファザー間で差
業態によって異なる女性の生活習慣 最も不健康な業態は?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース