【ライフコースを理解する】DEWKsとDINKsで異なる消費スタイル

多様なライフコースを描く現代の女性の中でも、今回は、結婚後に子供がいる夫婦(DEWKsまたは専業主婦)といない夫婦(DINKs)に焦点を当て、消費の特徴を見てみよう。結婚した女性でも、子供がいる・いないで消費スタイルが異なることに注目したい。

結婚後、子供がいるかどうか?で消費に違いが出る

子供の有無で、消費の優先順位や増加する出費が変わってくる。以下は日経ウーマン(日経BP)に夜既婚・子あり女性と既婚・子なし女性を対象にした「結婚後に出費が増えた項目は?」というアンケート調査結果。

既婚・子供あり

  1. 子供の服飾費…85%
  2. 子供の保育園代…74%
  3. 食費…73%
  4. 水道・光熱費…70%
  5. 子供の塾や習い事代…63%

 

既婚・子供なし

  1. 食費…59%
  2. 水道・光熱費…40%
  3. 住居費…37%
  4. 貯蓄&投資額…36%
    (引用:日経ウーマン3月号,2016)

子供の有無で「結婚後に出費が増えた項目」が大きく異なることがわかる。女性にとって最も消費が活発と言われる「美容健康、ファッション」関連の消費は、子の誕生により減少し、その分、子や家族関連の消費が増える。

子供のいる女性(DEWKsまたは専業主婦)は自分消費の優先順位が低くなることを考えると、ママを対象にしたマーケティングでは「ママだけに関連した商品提案」よりも「家、家族、子に関連した、あるいは巻き込んだ商品提案」が反応を上げやすくなる。

人気のヨガイベントは、子供への配慮を忘れない

ヨガイベントを例に挙げてみよう。今やヨガは女性にとってメジャーな人気スポーツだが、ヨガ教室やヨガイベントは、行きたいと思っていてもママは「子供がいるから…行きたいけどやめておこうかな」と不安を抱く。しかし「子供も一緒に参加できます」「託児所つきなので安心してご参加ください」と配慮のあるイベントであれば参加しやすい。実際にママと子供への配慮が徹底されたヨガイベントは、ママから大人気だ。

<関連記事>
本格派以外も狙う 国内最大級ヨガイベント開催 ママへの配慮も

盛り上がる大規模ヨガイベント、数千人が集結

プチ贅沢をしやすいのは子なしのディンクス

上記調査結果では、「既婚・子供なし」は子供に関する出費がない分、生活費がトップにランクインしている。金銭的余裕があるため、食費や住居に関する消費が活発になり、また、自分消費・自分投資が著しく減少することはない。食費に関しては、子供中心の食事ではないため時間や場所、食事メニューなどに制限がなく、外食の頻度が高くなると考えられる。

生鮮食品を購入するより高額になりがちなお取り寄せ食品や、デパ地下での産地特産品を購入するといったプチ贅沢な消費行動が見られるのも、一般的には子供のいる女性(DEWKsまたは専業主婦)より子供のいない女性(DINKs)の方だ。また、金銭的余裕があるDINKsは、自身もしくは自分の両親のヘルスケアに関する消費意欲も高い。価格が相場よりも高くなりがちなヘルスケア商品・サービスの場合は、ターゲットをDINKsに絞り込むのも一つの戦略かもしれない。

<関連記事>
シニア世代の「関係性消費」で、健康ギフト消費活発化の見込み

 

<編集部おすすめ記事>
【ライフコースを理解する】子を持たない女性・DINKs層は期待のマーケット?
消費動向に影響を与える「女性の未婚率」の現状を理解しよう
企業が狙う「働く独身女性」は金持ちか貧困か?
子育て世帯ママの「3大ディストレス」とは?
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事