「高額!」の声も多いが、食トレンドを反映したPanasonic商品が参考になる!

4月にパナソニックから登場した家庭用焙煎機「The Roast」は、高額商品ながら、今の女性たちのニーズ・トレンドを的確に捉えた商品として参考になる。

商品のキャッチフレーズは、「おうちで、極上のコーヒーを体験」。本体価格が10万円、購入と同時に年間契約で定期購入する生豆が2種類セット3,800円〜と手軽に購入できる金額ではないが、忙しい毎日の中「あえて手間暇かけて日常を楽しみたい」というニーズに応える商品で、「時持ち・金持ち」のコーヒー好きに支持されそうだ。

食・暮らしを豊かにしてくれる高額調理家電が人気

ネット上では「高すぎ」「貧困層が増えるているのに、誰が買うんだ」と価格に対する否定的なコメントもあるが、時代の流れをくみ取ったコンセプトは参考になる。

今の食トレンドとして「自宅で上質なものを食べる」という傾向も見られるようになり、上質な食材のみならず、上質な食事に欠かせない高額調理家電が人気を集めている。

手間暇かけて日常を楽しみたい

また、「幸せ」を非日常には求めず「日常」で求める生活者が増えていることも、高額調理家電の需要を押し上げていると言えるだろう。

<関連記事>
「幸せ・充実」を非日常には求めない女性生活者が増加中 

自動掃除機や自動洗浄機など、働く忙しい女性を中心に時短商品へのニーズは高く、時短をコンセプトにした商品やサービスは年々増えているが、同社の商品のように、時短とは反対に位置する「あえて手間暇かけたい」ニーズが高くなっていることは、最近新たに見られるようになってきた傾向だ。(「日常に時短を求めたい」のか?それとも「時短よりも手間暇かけて楽しむことを重視したい」のか?は、ターゲット女性のライフコースによって判断しよう)

<関連記事>
女性マーケティング戦略で「女性客を増やす」ための基本の考え方

焙煎方法や焙煎加減の設定について、スマホアプリと連動して操作できる部分も参考になる。価格に関しては高いという声もあるが、デザインに関しては一律高評価だ。使い方詳細はこちらの情報サイトに投稿されているレビューから確認できる。

【編集部おすすめ記事】

【博報堂×ウーマンズ】女性の「食」の価値観変化と消費傾向 トレンドからヒット商品開発・販促のヒントを探る
健康美人になるために食事で意識していることTOP10
シニアの食トレンドと、企業が重視すべきこと
ワコール商品が海外で人気の理由 
【米研究報告】ファストフードの広告は子供に悪影響?
65歳以上人口が2050年に4.8億人 中国の健康に関する行動計画

一緒に読まれている記事