低い補聴器普及率 イメージアップ施策「ハッピーシグニアユーザー」

急速に高齢化が進む日本で難聴者は1,430万人と言われている。しかし補聴器を使用している人はわずか13.5%と、他先進国と比較して普及率は非常に低い。

補聴器の普及率

画像:シバントス株式会社

このような状況を受け、聴覚関連機器の輸入・製造・販売を行うシバントス株式会社(神奈川・大和)は、補聴器の適正な普及を目指してイメージUPを図る。その一つがハッピーシグニアユーザーアンバサダーの起用だ。ハッピーシグニアユーザーとは補聴器ユーザーを指す。アンバサダーに鳥越俊太郎さん(77歳)を迎え、補聴器普及活動を行っていく。

 

【編集部おすすめ記事】
シニア女性マーケティングの参考になるデータが豊富!(ヘルスケア関連白書更新)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート