野菜の日(8/31)、各社が野菜テーマのイベント開催

8月31日の「や(8)さ(3)い(1)の日」に合わせ、各社が野菜に関するイベントを開催する。平成28年国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると、成人1日の野菜摂取量の平均は276.5gで、目標の350gを下回っているのが現状。各イベントでは野菜について学ぶ場を提供したり、野菜をおいしく食べられるメニューを提供するなどして、野菜摂取量の増加を目指す。

  • 【キューピー】
    ⇒アーバンドック ららぽーと豊洲(東京・江東)にて親子で楽しめるイベントを開催。サラダ無料提供、野菜について学べるクイズラリー開催、キューピーと写真撮影できるフォトスポット設置など(詳細)
  • 【リンガーハット】
    ⇒8月5日、19日、26日、31日~9月2日を「リンガーハットの野菜の日」として、限定メニューを販売。「野菜たっぷりちゃんぽん」「野菜たっぷり皿うどん」「野菜たっぷり食べるスープ」などのメニューに、トッピングを1品(または野菜ジュース)を選ぶことができる。(詳細)
  • 【JAグループ】
    ⇒国産の農作物を楽しむイベントを全国各地で開催。夏野菜収穫体験、ビジュアル重視べジスムージー販売、全国各地の新鮮な野菜を使用した国産サラダバー開催、野菜の不思議を学ぶ実験授業実施、べジハーバリウム手作り体験開催など(詳細)
  • 【日本野菜ソムリエ協会】
    ⇒野菜・果物に関連したさまざまなコンテンツを提供するイベントを東京と大阪で開催。野菜クイズ、野菜を使ったメニューの試食や試飲、トマトの食べ比べ、みそ玉を作るワークショップ、野菜を使ったレシピコンテストなど(詳細)


【編集部おすすめ記事】

野菜不足に陥りやすいのは朝食・昼食・夕食のうち、いつ?
野菜を十分に摂取できているのはどの年代?
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース