アクティブシニア向け腸活メニューの提供 ケロッグのプロジェクト第三弾

シリアル食品「ケロッグ」を展開する日本ケロッグ合同会社(東京・港)は、健康食宅配サービス「ミールタイム」を提供するファンデリー(東京・北)とコラボし、ケロッグ「オールブラン オリジナル」を使用した腸活メニューの販売を9月1日より開始する。健康維持に関心の高いアクティブシニア層をターゲットにする。

出典:日本ケロッグ合同会社

今回のコラボでは高齢者を中心に増加が懸念される便秘をはじめとするお腹の健康問題に着目し、日々の食生活の中で手軽に食物繊維を摂取してもらうことを目的にしている。特定保健用食品「オールブラン オリジナル」のもつ特徴を生かし、ファンデリーの管理栄養士がセットメニューを開発した。

ケロッグはシリアル日本発売55周年を迎えた2018年を機に、「簡便」かつ「栄養バランス満点」のシリアルが持つ特徴を生かした社会貢献活動を再定義し、アクティブシニアの栄養問題改善に向けたプロジェクトを展開している。プロジェクト第一弾は、社会福祉法人中央共同募金会と協力し、アクティブシニアに向けて1都4県(東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬)を中心とした全国178箇所へ年間10万食分のシリアルを無償提供する(9月開始予定)。第二弾は長寿県の滋賀と組み、シリアルを活用したシニア向け健康プログラムを推進する。ファンデリーとのコラボは続く第三弾の取り組みとなる。


【編集部おすすめ記事】

【話題のキーワード】医療関係者・専門家が注目するSIBO
1000人が選んだダイエット&ヘルス大賞2017 小林製薬はやっぱり強かった!
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース