集団訴訟「レーシック後からサングラス欠かせない」

レーシック訴訟

画像:消費者庁

レーシック手術を受けた後「サングラスを欠かせなくなった」「対向車のライトが10個に見える…」「字が二重に見える」などの後遺症に悩まされている元患者たちが集団訴訟を起こした。手軽さ・安心安全を謳い文句に一気に広まったレーシック手術でこのような問題が起きた背景には、デメリットを伝えないこと、十分に事前説明を行わなかったことなどがあるようだ。⇒詳細記事「事前説明は十分ですか?レーシック集団訴訟」(YAHOO JAPANニュース)

 

編集部おすすめ記事
30代で増え始めている眼の病気とは?
飽きさせない工夫満載!大反響の眼トレは継続させる仕掛けが参考になる
疲れ目症状ランキング 10代でもスマホ老眼が急増
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース