野村証券「人間ドッグ休暇」新設 異例の制度

野村証券は健康経営推進の一環として30歳以上の社員を対象に「人間ドッグ休暇」を新設する。早期受信を促し、人間ドッグ受診率100%を目指すことで社員の健康維持増進に繋げる狙い。人間ドッグの受診を促す有給休暇制度は異例で、同社の発表を機に、すでに様々なメディアで取り上げられ注目されている。⇒ニュースリリース(野村証券)

編集部おすすめ記事
予防医療分野で行動変容を促せた成功事例。「乳がん検診」編
人気のクリニックは?婦人科検診予約数ランキングTOP5
がん意識調査。自分ゴト化させて、生活者の健康行動を促す2つの施策
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース