ハフポスの「女性の体を知ろう」プロジェクト 特に男性はご一読を…

webメディアのハフィントンポストは「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会を」という思いのもと、「Ladies Be Open」を立ち上げた。

生理、ピル、カラダのこと……、女性のライフスタイルには欠かせない話題のはずなのに、なぜか口に出しづらい。「女性として生きていく」ためには必要な情報なのに、学校では学べない、友達から聞いただけ、雑誌で読んだだけ、知らないまま、話せないままになってしまっている、大切な話がたくさんある。「もっと知りたい、話したい、女性のカラダのこと女性がもっと活き活きと暮らせるために」 あなたの声を聞かせてください #ladiesbeopen
(引用:
THE HuFFINGTON POST JAPAN

プロジェクト立ち上げに伴い、早速次の6記事が投稿されている。

  • 私も「生理」「不妊治療」と言えなかった
  • 社会人3年目の私が、恐る恐る女性に「生理」について話してみた
  • 「私、生理痛がひどいんです…」女性部から告白されて困った
  • 「膣をタブーにしないで」
  • 女の子はみんな読んでね。お願いです。
  • 性教育の欠落で失われる、子ども達の人生

「生理痛で休みたい」と職場で伝えると、どこか冷ややかな空気を感じた女性は多いかもしれない。また「生理痛で休みたい」と言われて「(…生理痛くらいで休むなよ)分かりました、お大事に」と思ってしまったことがある男性・女性上司(女性でも生理痛がない女性もいる)は多いのでは?職場の女性理解のためにも、特に男性読者の方にはご覧頂きたい。⇒もっと話そう、女性のカラダのこと。記事一覧(THE HUFFINGTON POST JAPAN)

編集部おすすめ記事
30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10
男女で異なる有訴者率と上位5症状から考える「女性特有の不調」
【男女の違いを理解しようvol.2】相手が男性か?女性か?で態度が変わるビジネスマンたち
女性の体、どこまで理解してる?女性マーケティングの理解には必須
東京丸の内OL1000人に聞いたカラダの悩みTOP5

新着ニュース