「睡眠負債」の次は「腰痛借金」

日々の睡眠不足が借金のように積み重なっていくことで心身に悪影響を及ぼし、命にかかわる病気のリスクを高める「睡眠負債」。睡眠市場の拡大とともに広く知られるようになったキーワード。そして今、じわりと存在感を高め始めているキーワードが「腰痛借金」。前かがみや猫背の姿勢を長時間続けることで腰に負担がかかり続けている状態のことを指す。

腰痛借金がたまると、髄核が元の位置に戻らず、後ろにずれたままになります。すると、ささいな動作によって、ある日突然、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどが起こる可能性が高くなります。(引用:NHKきょうの健康 2019.8)

以下はTwitterに投稿された声。

腰痛借金の返済方法は以下の動画で、医学博士の松平浩さんが実演。

 

【編集部おすすめ記事】
腰痛患者にとって新たな治療選択肢の一つになるか?研究報告
肩こり・腰痛解消の新切り札として注目「ハイドロリリース」
【男女の違いvol.17】男女で異なる通院者率のトップ5傷病
デザインと品質に評価集まる 姿勢サポート座椅子「Style」200万台突破
女性たちのセルフメンテナンス 心と身体編 みんな何してる?
女性、ガッツリ運動より「日常ながら運動」が好き

新着ニュース