日本で健康経営を発展させるには? 発祥国に学ぶ先進企業の取組  

経産省と東京証券取引所による健康経営銘柄の選定が始まった平成26年度以降、仕事と健康を両立する考えがワーカーの間で急速に広まり「健康経営」という言葉も一般に知られるようになったが、健康経営の発祥国であるアメリカでは1990年代から注目されている。健康経営先進国とも言えるアメリカの企業では、実際にどのような取組がされているのだろうか?Johnson & Johnsonの事例を参考に、健康経営第2ステージ期に入る日本企業が学ぶべき点について考える。⇒【詳細】[海外事例にみる企画ヒント編]健康経営企業(米国)の取り組み(ヘルスビズウォッチ)

【編集部おすすめ記事】
業態によって異なる女性の生活習慣 最も不健康な業態は?
健康経営推進企業 最も興味あるのは ” 女性の健康対策 “
月経随伴症状による社会経済的負担、6828億円
「健康経営銘柄 2018」発表 
「健康経営銘柄」と「健康経営優良法人」の違いは?
健康経営が急務の業界は?産業別就業者の割合の変化から考察