風邪をひいた時、病院に「行く」「行かない」の基準は何?

(最終更新:2018年10月23日)
ネットリサーチのマーシュによる「風邪と生活習慣に関するアンケート」の調査結果によると、1年間で風邪をひく平均的な回数は「数年に1回」が最も多く、また風邪をひいたとき、病院に行くか行かないか?の基準は「発熱」であることがわかった。参照:株式会社マーシュ 2017 「風邪と生活習慣に関するアンケート」

平熱より3度高くなると、「病院へ行く」が増える

平熱より1度上がる発熱の場合は、「病院に行かずに市販薬や漢方で対処する・あるいは自然に治るのを待つ」が圧倒的に多い。

一方、平熱より3度上がる発熱になると、「病院に行く」割合が高くなる。

【編集部おすすめ記事】
「病院食」という可能性 北海道の病院の画期的な取り組み
がん探知犬検査開始 人の尿からほぼ100% 「がん発見」 
OTC医薬品、医療控除制度、医療費…よく分からない女性が多すぎる!企業はもっと情報発信を!
働く女性の不調解消法「お金をかけない」ばかりがランクイン?
【動画】まるで映画の世界!AIはヘルスケア・消費・シニアの生活をどう変える?

一緒に読まれている記事