健康経営が急務の業界は?産業別就業者の割合の変化から考察

国内における産業別就業者の割合の変化を見てみよう。

厚生労働省の平成29年版厚生労働白書によると、第1次産業(農業、林業、漁業)と第2次産業(建設業、製造業)は就業者割合が年々大きく減少 しており、第3次産業(サービス業、情報通信業、金融業、保険業、小売業、卸売業など)は増加している。2015年には就業者の約7割が第3次産業に従事している。中でも特に増加が見られるのは、「情報通信業」と「医療・福祉」。

この2つの就業者の割合が増えている背景にあるのは、IT産業の急速な発展と高齢化であることは容易に想像がつくが、注目したいのは、どちらもワーカーの健康が特に問題視されている業界である点だ。IT関連の仕事も医療・福祉の仕事も長時間労働になりやすく、IT業界では、座りっぱなし、運動不足、脳疲労、眼精疲労、うつなどの健康問題が特に指摘されており、医療・福祉の業界では、夜勤による昼夜逆転、重労働による肉体疲労、精神的疲弊などがワーカーの健康に影響を及ぼしている。

健康経営が特に急務とされているのは、就業者の割合が増え、かつ、ワーカーの健康問題が指摘されている「情報通信業」と「医療・福祉」だ。企業の健康経営を支援している企業は、この業界にいち早く健康経営支援の商品・サービスを届けよう。

【編集部おすすめ記事】
「健康経営銘柄 2018」発表
「健康経営優良法人2018認定法人」発表
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事