EC利用のきっかけは、通勤時の電車で「広告見た」が2割も!

ネット広告ばかりがマーケティング上では話題になるが、駅・電車内の交通広告だってまだまだ影響力は大きい。駅・電車内におけるビジネスパーソンのネットショッピング利用実態調査では、2割が「電車で商品の広告を見たときに、ネットショッピングサイトを見始めた」と回答したことが分かった(メトロアドエージェンシー調べ 男女600人対象)。概要は以下。

鉄道利用時にネットショッピングをどれくらいの頻度で見ている?

  • 週に1回 39.8%
  • 月に1回 51.9%
  • アクセス時間平均 26分
  • 特に20代にその傾向が強い

鉄道利用時のネットショッピング購入経験率

  • 購入経験あり 47.7%
  • 月に1回以上 29.0%
  • 週に1回以上 7.7%
  • 購入頻度は20代が最も高い

平均購入金額

  • 全体で¥10,470
  • 20~30代は¥8,600台
  • 40~50代は¥13,000台

ネットショッピングサイトを見始めるきっかけ

  • メルマガが届いたから 34.7%
  • 駅や電車内で広告を見て 21.9%

以下は交通広告ではないが、広告に関する役立つ記事をまとめたのであわせてご覧頂きたい。

<参考記事>
・思わず足を止めちゃう! J&Jの広告がとってもユニーク
・急拡大する動画広告、前年比78%増。動画制作に役立つ記事まとめ

一緒に読まれている記事