食品業界のトレンドキーワード6(2019年)

食材・飲料品の市場分析により、食品業界のトレンド6項目がグローバル市場調査会社ミンテルにより発表された。各項目を見てみると、食品業界のトレンドのポイントは「伝統」「ヘルスケア」「エコ」「時短・効率」「健康リテラシーの向上」。世界的な健康志向や時短ニーズの高まりで、今後キーワードとして覚えておきたい。

check!!

有料レポート販売中です。テーマは「20~70代各世代の女性は、なぜその健康食品を購入した?」。なぜその健康食品はリピート購入されているのか?を生活者一人一人の行動(カスタマージャーニーマップ)から読み解いているため、具体的な開発ヒント・マーケティングヒントを得ることができます。

詳細を見る

食のトレンド1「伝統の復活」

キヌア、キビ、スペルト小麦などの古代穀物(日本では「雑穀」にあたる)は栄養価が高く美容や健康に良いことから、米国を中心に国内でも度々メディアに取り上げられトレンドになっているが、各古代穀物が「一つ一つ注目されては消える」という流れから、「古代食」「伝統食」というくくりで日常食へと定着させるための商品・サービスが誕生しそうだ。

具体的には、古代食レシピ、伝統や文化を重んじた食生活やライフスタイルの提案など。伝統食と相性の良い地方の料理も注目されるだろう。古代食・伝統食は、一過性のトレンドではなく、どこのスーパーにも陳列される一般的な食形態になるかもしれない。

食のトレンド2「ベジタリアンの強化」

ベジタリアンと言っても、動物性たんぱく質を一切食べない「ヴィーガン」、果物・ナッツ類・野菜だけを食べる「フルータリアン」、卵・乳製品は食べる「ラクト・オボ・ベジタリアン」、魚介類は食べる「ペスコ・ベジタリアン」など種類は様々あるが、これからは、厳格にこれらのルールを守る「菜食主義者(ベジタリアン)」というよりは、美容や健康のために「野菜を多めに食べる」という志向の「ソフトな菜食主義者」が増えていきそう。

近年、「Healthonism(享楽的健康)」と言うべきトレンドがあります。これまで健康・ヘルスケアというと、菜食主義やマクロビなど、ストイックなイメージがありました。しかし、この1~2年、その反動が来ており、健康は何かを犠牲にするものではないという考え方が広がっています。野菜や果物の栄養を美味しくカジュアルに摂取する「コールドプレスジュース」も、その流れにあるものだと言えます。(引用:事業構想「食ビジネスの次のトレンド『TheFuture100』で読み解く」)

健康ブームの中、食への意識は確実に高まっており、さらに国内においては機能性表示食品も増えてきている。穀物や野菜、果物類の健康効果が再度見直されることが大きな後押しとなっていくと考えられる。レストランなどの飲食店でこのトレンドを活かすとしたら「野菜たっぷり」のメニューは必然と言える。ジャーサラダやサラダ専門店の相次ぐ出店に見られるように、今女性たちの間でサラダはおしゃれアイテムとしても浸透している。野菜メニューが少ない飲食店は、女性からの支持は得づらいだろう。2018年に一気に話題となった植物でつくられた「フェイクミート」の登場もベジタリアンの増加を後押ししそうだ。

食のトレンド3「食品廃棄物の排除」

食品ロスは、世界規模で考えるべき大きな社会問題。日本の場合、食品ロスは年間632万トン。全世界の食糧援助量の約2倍という驚くべき数字だ。年々、企業や団体による食品ロスを減らす試みが活発になると同時に生活者の意識も高まっている。

個人レベルだけでなく、行政レベルでエコやサステナブルな取り組みへの意識が高まっているニューヨーク。レストランやバーが食料廃棄削減に取り組んだり、プラスチック製ストローをやめて紙ストローを使用したりとその潮流は拡大中だ。

最近のサステナブルな動きのなかで、とくに注目したいのが、ブルックリン初のパッケージフリー&ゼロ廃棄を掲げたグロッサリーストア「プリサイクル(Precycle)」。この店のシステムで特徴的なのは、量り売りというスタイル。(略)

ここでは、客が瓶やタッパーウェア、布袋などを持参することでパッケージフリーを実現させている。(略)倉庫のように広い店内にはディスペンサーがずらりと並んでいて、ナッツや豆、穀類、粉類、パスタ、オイル、ビネガー、洗剤類までが、自分の欲しい分だけを購入できるようになっている。普通のスーパーなら無意識に食品を買い物カゴに入れていることも多いが、ここでは意識をもって買い物ができるから、食品を無駄にしてしまうことも少ない、という利点もあり!(引用:ELLE「ニューヨーク・ブルックリンに、パッケージフリーの食材店が誕生!」)

日本国内企業の食品ロス問題に対する取り組み事例は以下記事で紹介。食品ロス問題に対する生活者の意識が高まっている今後は、「美味しい」だけでなく、「美容や健康に良い」だけでもなく、「食品ロス問題に貢献している」という3拍子揃った商品が、女性たちの新たな「購入基準」になるだろう。

合わせて読みたい記事

新着ニュース