睡眠の解析結果をホテル チェックアウト時に 凸版印刷

凸版印刷(東京・千代田)は、シート型生体センサーにより心拍・呼吸データなどを取得し、睡眠の質を解析できる「SensingWave™ 睡眠見守りシステム」を、宿泊業界向けに販売を開始した。

出典:凸版印刷

ベッドマットレスの下などに独自開発したシート型生体センサーを設置することで、利用者の心拍や呼吸などの生体信号を非接触で取得し、睡眠状態を解析できる。睡眠時間、熟睡度、睡眠サイクル、寝返り回数をスコア化し、その結果に応じて睡眠タイプを分析。具体的な数値結果とアドバイスコメントなどの解析結果を記載した「睡眠レポート」が自動で作成される。

導入企業は顧客の睡眠を解析し、その結果をフィードバックするサービスの提供が可能になる。同システムを採用したホテル「レム日比谷」(東京・千代田)では1日5名限定で、チェックアウト時に睡眠レポートを客に渡す。

【編集部おすすめ記事】
世界600万人の睡眠データ分析でわかった日本人の少ない睡眠時間 世界比較
2017年の流行語大賞「睡眠負債」を反映 新コンセプトは「施術中に眠れる」 リフレ
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート