配偶者との死別が高齢女性の生活状況と健康水準に与える影響

一般的に女性は男性よりも長生きするということもあり、単身シニア女性の消費状況や健康状態などは注目が集まりやすい。

<関連記事>
2017年平均寿命発表 男女ともに過去最高

国立社会保障・人口問題研究所のレポートによると、配偶者との死別により高齢女性の食生活が不規則になるなど生活リズムに乱れが出る傾向がある一方で、遺族厚生年金により消費水準がある程度維持されることで、健康水準悪化が抑制されていることが分かった。他、死別により高齢女性の生活や消費にどのような変化が現れるのか?などが分かる。⇒論文「配偶者との死別が高齢女性の生活状況と健康水準に与える影響:予備的分析」国立社会保障・人口問題研究所 人口問題研究第73刊 第二号 2017/6

【編集部おすすめ記事】
シニア女性マーケティングの参考になるデータが豊富!(ヘルスケア関連白書更新)
シニアのネットショッピング促進に必要な要素とは?
シニア女性が大事に思うものランキングTOP8
シニア女性が今、積極的に関与・参加していること
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート