50~60代の物忘れに関する調査結果 物忘れの原因は “現代” ならでは

(最終更新:2018年10月19日)
オレンジページくらし予報が全国の50~60代の男女を対象に「物忘れ」について調査を行ったところ、50~60代の75.9%は物忘れが増えたことを実感していることが分かった。

物忘れを実感することが多いのはどんなとき?

物忘れを実感する

出典:オレンジページくらし予報

  • 人の名前が出てこない(85.3%)
  • 何をしようとしたかを忘れる(58.0%)
  • 漢字が思い出せない(57.7%)
  • 会話の中にアレとかソレが増えた(51.0%)
  • 買い忘れやだぶり買いした(47.2%)
  • 探しものが増えた(28.0%)
  • メモを持ち忘れたり、見るのを忘れたりする(22.7%)
  • 財布など大事なものを置き忘れたり、持ち忘れたりする(17.5%)
  • パスワードを忘れる(17.1%)
  • 昔のことを思い出せない(12.2%)
  • 最近のことを思い出せない(9.8%)

物忘れの原因は、何だと思う?

物忘れの原因の第2位が「パソコンやスマートフォンに頼っているから」。デジタル時代ならではの結果だ。第3位の「覚えようとしないから」は第2位の「パソコンやスマートフォンに頼っているから」と連動していると考えられる。

物忘れ

出典:オレンジページくらし予報

  • 年をとったから(94.1%)
  • パソコンやスマーとフィンに頼っているから(33.6%)
  • 覚えようとしないから(31.8%)
  • 疲れているから(25.5%)
  • 忙しいから(15.4%)
  • 睡眠不足だから(13.6%)
  • 体調が悪いから(7.3%)

物忘れをしないために何か対策してる?

画像:オレンジページくらし予報

  • メモをとる(75.5%)
  • インターネットなどで調べて、忘れたままにしない(22.7%)
  • 充分に睡眠をとる(16.4%)
  • 脳トレ(パズルやドリル)を行う(15.7%)
  • 声に出して復唱する(15.4%)
  • 人に聞く(15.4%)
  • 運動をする(14.7%)
  • 食生活に気をつける(11.2%)
  • 特に何もしてない(14.7%)

【編集部おすすめ記事】
【経産省】ロボット技術の介護利用における重点分野を改訂
今住む地域で感じる、医療と介護の不安
【男女の違い vol.1】配偶者に介護してほしい男性と、してほしくない女性 意識差の背景は?
認知症高齢者グループホームの経営状況 入所利用率維持のポイント
認知症のスタッフ「注文をまちがえる料理店」支援集まり9月オープン

一緒に読まれている記事