若い世代も「人生100年時代に備える」時代に

「人生100年時代」元年を迎えたのは昨年。「人生100年」がトレンドキーワードとなった今、心身豊かに100年を生き切るためのハウツーを紹介するメディアが増えている。

これまでは、終活や現役引退後の生き方指南と言えばシニア世代を対象としたものが多かったが、最近は「人生100年時代に備える」概念が若い世代にも広まりつつある。特に20代後半~40代女性を中心に、人生100年時代に備えて、働き方・キャリアアップ・お金・生き方などを見直す女性は増えており、女性の「自分磨き」ニーズは以前にも増して強くなっている。特に、結婚をしない選択をする女性は既婚女性よりも「一人で生きる覚悟」が強い分、「人生100年時代への備え」に早い時期から向き合い始める。

<合わせて読みたい記事>
高まる需要「プチ自分磨き」 ストアカが人気

働く女性向け情報誌「日経ウーマン4月号(pp.18-19)」は「人生100年時代、私たちには自分磨きが必要です」の中で様々な女性たちの自分磨きの方法を紹介している。

日経ウーマン 2018年 4 月号

【編集部おすすめ記事】
ママ、自分磨きの消費行動再開はいつ?
【推薦図書】人生100年時代を消費・健康・人生設計の角度から考察
100歳まで生きたくない人6割越え 長生きに必要なこと・不安なことは?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート