「子宮内膜症および月経マネジメントに関する意識・実態調査」結果 バイエル

ヘルスケアのバイエル薬品(大阪)が、一般女性を対象とした「子宮内膜症および月経マネジメントに関する意識・実態調査」の結果を公表した。調査内容は以下(調査対象:月経がある20〜39歳の女性1,035名)。

<月経による日常生活への影響>

  • 月経による日常生活への影響  具体的な内容
  • 普段感じている症状
  • 月経に関する悩み・不安に思うこと
  • 婦人科疾患 診断状況  など

<子宮内膜症の認知実態>

  • 子宮内膜症の認知
  • 子宮内膜症の理解度  病気について
  • 子宮内膜症の理解度 発症リスクについて

< 月経マネジメントへの意識 >

  • 月経コントロール希望の有無
  • 月経コントロールを希望しない理由
  • 薬剤服用による月経コントロール希望の有無
  • 薬剤服用による月経コントロールを希望しない理由
  • 現在行っている月経トラブル対応
  • 女性ホルモン剤(ピル)の認知

調査結果はこちら。⇒ 【詳細】一般女性を対象とした 「子宮内膜症および月経マネジメントに 関する意識・実態調査」結果(バイエル薬品)

【編集部おすすめ記事】

生理前の「心の変化」「体の変化」トップ5
生理中女性向けに 150万DLの人気アプリとロリエのコラボ
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事