世帯構成で異なるウイルス感染症の罹患率

インフルエンザが本格化するこれからのシーズン、特に感染に気をつけなくてはいけないのは子どものいる世帯だ。大幸薬品が行った実態調査で、インフルエンザなどのウイルス感染症の罹患率が高いのは子どもがいる世帯であることが明らかになった。

全国4,207名を対象に、2017年11月から2018年2月の間に本人および同居者がインフルエンザなどの感染症に罹ったか聞いたところ、高校生以下の子どもがいる世帯の35%以上で家庭内に感染者がいたことが確認され、子どもがいる世帯は、大人だけの世帯と比べてインフルエンザなどのウイルス感染症の罹患率が高くなることがわかった。

ウィルス感染の実態

出典:「インフルエンザ等のウイルス感染の実態について 」大幸薬品

インフルエンザに関する報道発表資料はこちら(厚生労働省)


【編集部おすすめ記事】

意外と意識低い?冬の感染症対策
予防医学のおすすめ書籍
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース