中高年単身女性、充実感を得るのはどんなとき?

2030年には約半数が単身者となる予測がある(野村総合研究所)。男性よりも女性が長生きすること、働く女性が増えたことで未婚を選択する女性が増えていること、恋愛への関心の低下、AIロボットが人間の生活に深く関わる社会の到来など、近年の女性行動・市場動向を考慮すれば単身社会が訪れるという予測は決して大げさなものではない。シングル女性のライフコース理解は今後重要性を増してくる。

第一生命経済研レポート(2019.03)は、「中高年単身者が充実感を感じるのはどんなときか」と題して、正規雇用者・非正規雇用者別に調査を実施。前者・後者、ともに第1位は「おいしいものを食べたり、飲んだりするとき」だったが、2位以降で違いが出た。⇒【詳細】中高年単身者が充実感を感じるのはどんなときか(第一生命経済研レポート)


【編集部おすすめ記事】

女性たちの新しい生き方 人生は「頑張らない」がコンセプト
50~70代女性の「ためこみ期」に提案したいこと
100年人生の楽しみ方「地域デビュー楽しみ隊」の万博開催 埼玉県
女性の「遊びの曲がり角」は何歳で訪れる?
90代女性に励まされる女性たち「92歳の現役料理家タミさん」
女性の貧困率 何歳代から高くなる?

一緒に読まれている記事