男性4,000人を調査、9割が「恋人・妻のPMSを理解したい」

男性の間でも、PMSの認知や課題意識が広がっているようだ。恋人や妻など女性パートナーのPMSに悩んでいる男性は6割、PMSを理解したいと考える男性は9割に上ることが、調査でわかった(PMS対策アプリ「ケアミー(ヘルスアンドライツ)」調べ,2023.12)

女性パートナーの有無で、PMSの認知に差

15〜49歳の男性4,000人に「PMSがどのようなものか知っているか?」と聞いたところ、女性パートナーの有無により男性の認知度に差があることがわかった。「知っている」と回答した割合が最も高かったのは、「現在パートナーあり」で30.9%。最も低かったのは「現在も過去もパートナーなし」で6.9%だった。パートナーの女性が身近にいるかどうかで、PMSを知る機会に差があることが明らかに。

【出典】ケアミー

 

実際に、女性パートナーから教えてもらうことがPMSを理解するきっかけになっているようで、前問で「PMSを知っている」と回答した男性に「PMSについて知った方法」を聞いたところ、最多は「妻や恋人から教えてもらった」だった。

【出典】ケアミー

 

「パートナーのPMSに悩んだことがある」、4割

続いて、現在または過去に女性パートナーがいたことのある男性に「パートナーの生理に関して起こる不調に悩んだことがあるか?」と聞いたところ、43.2%が「悩んだことがある」と回答した。PMSは当事者である女性だけでなく、男性パートナーにとっても悩みの種になっているようだ。

【出典】ケアミー

 

具体的には、どのようなことに悩んでいるのか?男性の体験談からは、PMSの代表的な症状である女性の「イライラ」「情緒不安定」に疲れたり、コミュニケーションの取り方に困っている様子がうかがえる。

・彼女と同棲をしはじめてから、コミュニケーションで悩むことが増えました。いつもは仲が良いんですが、急に彼女が情緒不安になり険悪なムードになるんです。理由もよくわからず、急にイライラしたり、黙り込んだりするので、どう接したらいいのか分からず悩んでいます。女性特有のものかなとは思うのですが、きちんと理解したいと思っています(男性,独身,25歳)

・生理のせいで気分のムラが起こるということはなんとなく知っているのですが、妻の情緒不安が生理のせいなのか自分からは聞きづらいです。話しかけると、余計に相手をイライラさせてしまう気もして…。たまにならいいんですけど、毎月のようにそんな時期があるので、ちょっと精神的に疲れてしまうことがあります。 二人の関係性のためにも本当は相手のことを理解して、自分にできることがあるならしたいと思っています(男性,既婚,31歳)

 

「PMSを理解したい」、9割

続いて、女性パートナーのPMSに悩んだことがある男性に「生理に関連して起こる不調について知りたいか?」と聞いたところ、「知りたい」と回答したのは91.1%に上った。PMSを目の当たりにした経験がある男性のほとんどが、症状の理解を望んでいることが明らかになった。

【出典】ケアミー

 

 

 

【編集部おすすめ記事】
男性の「生理・PMS」の理解度どれくらい?ライフステージで明確な違い
機能性表示に初の「月経」、女性向けサプリ発売 アサヒグループ食品
フェムケアトレンドが追い風、「女性向け漢方処方市場」は年平均11.7%で成長 2024年以降も拡大
シャープの開発秘話、公共施設向け「生理用ナプキンIoTディスペンサー」を使った防災備蓄品活用
【出展社募集中!!】第2回 ジェンダード・イノベーションEXPO

PAGE TOP
×