おやつ大賞発表「機能性食品」「ロカボ」部門 受賞商品は?

食品クチコミサイトのもぐナビ(株式会社Eat Smart)は先月、2017 年にユーザーが支持した市販のおやつを表彰する「おやつ大賞2017(※1)」を発表した。特に注目したいのは「機能性食品部門」と「ロカボ部門」。それぞれの部門で受賞したお菓子はどれ?

<合わせて読みたい記事>
機能性表示食品の市場規模から考える2018年の戦略と注目カテゴリー

「機能性食品部門」受賞商品

大賞:クリーム玄米ブラン 苺のブラウニー(アサヒ)

20代の女性をターゲットにした商品「クリーム玄米ブラン 苺のブラウニー」。味はもちろん、ブラウニーがしっとりしているのでボロボロとこぼれない点、ピンク色の可愛いデザイン、美味しく栄養補給ができる点が評価されている。

第2位:1本満足バー シリアルラムレーズン(アサヒ)

「ヘルシーなのに本格チョコ!」がコンセプトの商品「1本満足バー シリアルラムレーズン(期間限定)」。ラムレーズンが入っている点やナッツのザクザク感など、味や食べごたえを評価する声が目立つほか、スリット入りで割りやすいため小分けして食べられるといった「食べやすさ」も評価されている。

第3位:ウイダーinバー プロテイングラノーラ(ウィダー)

1本で10gのプロテインを補給できる、「高タンパク低脂肪」を訴求するバー食品「ウイダーinバー プロテイングラノーラ」。訴求の通り、高タンパク・低脂肪・低カロリーである点、他のバー食品の中でも特にカロリーが低い点、食べごたえが評価されている。タンパク質を補給できる類似商品にソイジョイ(大塚製薬)があるが、ウイダーinバー プロテイングラノーラの方がサイズが大きいので、小腹が空いている時の満足度という点でこちらの方が支持されているようだ。

「ロカボ部門」受賞商品

大賞:SUNAO バニラソフト(グリコ)

SUNAOは糖質40〜50%オフを謳うロカボアイスのブランド。カップ(3種)、モナカ( 1種)、ソフトクリーム(1種)の全5商品が登場、全て80kcalと、低カロリーのアイスを実現している。「罪悪感なく、食べたい気持ちに素直になれるアイス」というコンセプトが女性たちに支持され、「低カロリーなのに大満足」「低カロリーなのにしっかり濃厚な味」と評価はとても高い。

2位:カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード(日清食品)

「こってりなのに、カップヌードル1食当たりに対して脂質50%OFF、糖質40%OFF、食物繊維たっぷり」がウリの「カップヌードル ナイス濃厚!クリーミーシーフード」。「カロリーが低いと味を期待できない」という通説がある中、「低カロリーなのに味がしっかりしていて美味しい」ことが評価されている。

3位:ブランのチーズ蒸しケーキ 北海道産クリームチーズ(ローソン)

ヘルシーな商品が多く並ぶコンビニとしてイメージが定着するローソンのブランシリーズから登場「ブランのチーズ蒸しケーキ 北海道産クリームチーズ」。通常、蒸しケーキは1食分で300〜400kcalとパンの中でもカロリーが高い方に分類されるが、ローソンの蒸しケーキは1個でわずか106kcal。おやつとして安心して食べられる。「ロカボタイプなので味はあまり期待していなかったが、チーズが濃厚で美味しい」と、こちらもやはりロカボなのに味がしっかりしている点が評価されている。

(※1)サイト内に登録されている商品のうち、おやつに該当する商品の中から、商品ページのアクセス数・ユーザーが投稿したクチコ ミ内容・評価点数・「食べたい」ボタンのクリック数・「イーネ!!」ボタンのクリック数をベースに、今、みんなが支持している おやつを表彰するアワード。

【編集部おすすめ記事】
「ヘルシーチョコ」へ熱い視線 機能性お菓子人気カテゴリーに
ベジタリアン・ビーガン・低糖質…どんな食生活に取り組んでる?ランキング
機能性表示食品の市場規模から考える2018年の戦略と注目カテゴリー
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート