「一番輝いている(いた)のは何歳のとき?」女性の意識調査 

肌質や髪質、ボディラインなど外見の変化や、親の老後や子どもの将来のこと、自身の老後のことなど、40代は悩みの種が増える時期だが、若い時の自分を振り返って羨んだり、年齢を重ねることにネガティブな気持ちを抱えて毎日を過ごしているわけでもない。

外見上の変化や悩みは尽きないが、今の40代女性は、気持ちの面では充実度が高い人も多い

40代女性に向け、「一番輝いている(いた)のはいつの自分か?」というアンケート調査を行ったところ、半数以上が「40代の今が一番輝いている!」と回答。さらに、自分がキラキラしているのはどんな時か?についても調査(GLOW調べ  629名の読者対象)

画像引用元:GLOW

画像引用元:GLOW

40代は、生活の充実度が高まり自分への注目が再び高まるとき

過去の自分が一番輝いていたと感じる人は半数近くいるが、それ以上に多かったのが、「40代の今が一番輝いている」と回答した女性たちだ。

40代と言うと、住宅ローンや、(子供がいる場合は)子供の教育費など最もお金がかかる時期だが、同時に子供がある程度大きくなったことで手がかからなくなり、徐々に自分への関心・消費が再び活発になる時期でもある。

では、Dinksや独身の場合はどうだろう?仕事では、管理職として責任ある仕事を任せられるようになったり、収入も増えて経済的には若い時よりもゆとりが出てきており、それも充実度が高まる要因と言える。

何をしている時が輝いてると思う?

また年齢的に、それまでの経験から「自分の興味あること、分野、やりたいこと」や「自分が楽しいと思えること、リラックスできること」などが明確になっている上で自分時間を楽しめることも、充実度が高い理由かもしれない。

実際に、「何をしている時が輝いているか?」という問いに対しては、以下のような回答が。皆、それぞれに自分時間を楽しんでいるようだ。

  • オシャレをして出かけているとき
  • フラメンコを踊っているとき
  • コンサートに行っているとき
  • Hip-Hopを踊っているとき
  • ダイビングをしているとき
  • バリバリ仕事をしているとき
  • 旅行に行っているとき
  • 資格の勉強をしているとき
  • 子どもと一緒に遊んでいるとき
  • 夫(彼)とデートしているとき

詳しく知る
■GLOW12月号

関連記事
■30~40代のニーズ反映、資生堂×セブン&アイ共同のPBコスメ
■30~40代女性向けの新美容系雑誌9月に刊行。10万部予定
■自虐ネタに見る30~40代女性のダイエット悩みと諦め