新しいギフトの形、日本初の健診用プリペイドギフトカード

日本初、がん検診や人間ドック検診の支払いができる健診用のプリペイドカード「からだ健診ギフトカード」が誕生した。健診の受診率アップ、健康行動促進、健康意識の向上が期待できる画期的な商品だ。

昨年末に経産省が発表した健康診断受診時の「グレーゾーン解消制度」により、凸版印刷が事業化を実現した。同社が特に着目しているのは、健診の機会がないために受診しない専業主婦や会社に属さない女性たち。事前に行った利用意向に関する調査でも、女性の利用意向は5割を超えたという。

「受けた方がいいのはわかっているけど、会社に勤めておらず義務ではないのでつい忘れてしまう」自分自身のためにも使えるし、「定年退職した父母に、ちゃんと定期的に健診に行かせたい」と親の健康を気遣う子供がギフトと贈ることもできる。健康行動を自然と促進できる、実用的な商品だ。

関連記事
■企業が思うほど、生活者の健康リテラシーは高くない?
■ベネフィットワン・ヘルスケア「健康ポイント事業」、100団体導入目指す

■30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事