女子キャンプの人気上昇で、ヘルスケアグッズが活躍中(2/6)

女子キャンプ、人気の理由

女子キャンプの人気が高まっている理由は他にも以下のような要因がある。

簡単に設営できるキャンプ用品が増えている

ワンタッチテント、簡易テント、手ぶらバーベキューなどの登場で、キャンプに必須であった男性を必要とする力仕事は減少。それにより女性だけでのアウトドアやキャンプのハードルが下がり、キャンプがより手軽で身近になった。

SNS映え

テントにガーランドをつけたりラグやチェアをコーディネートするなど、最近は、キャンプ中の「女子センス」を格段に上げる商品が増えている。センスあるキャンプが「SNS映えする」ことから、「キャンプをしたい!」と女性の心をくすぐっている。

スポーツやアウトドアはおしゃれなライフスタイル

ここ数年は、ヨガやマラソン、サーフィンやクライミングなど、「スポーツやアウトドアを楽しむ健康意識の高いライフスタイル」が女子トレンド。

手間暇かけたいニーズ

キャンプやアウトドアは一般的には不便なもの。その「不便」「手間」をコト体験として楽しみたいというニーズを満たすのがキャンプだ。「利便性を追求するAIの時代だからこそ、あえて不便さを体験できるキャンプ人口が増えるのでは」という意見も。

私はキャンプが好きです。自然の気持ち良さを思いっきり体感できることはもちろん、便利な日常にはない「不便さ」を体験し、それをやりこなすことで得られるカタルシス。それを味わうことがどうやら好きなのです。(略)キャンプ場を見渡しても、わざわざ「不便」を楽しみにきている方たちはたくさんいるわけで。それも年々増えており、リピーターは定着していっているようです。引用:ミモレ「不便なことを楽しめますか?私がキャンプ好きな理由」

コスパ良し

旅館やホテルに宿泊するよりもキャンプはコスパが良い。近年の「ラグジュアリーよりナチュラル」という意識変化も関係している。また女子の間では「オーガニック」「ボタニカル」「ヘルシー」、また男女問わず「ミニマム」「シンプル」といったトレンドキーワードの要素を満たしているのもキャンプだ。

マインドフルネス

ビジネスパーソンの間で人気の「マインドフルネス」も「キャンプ」で体現できる。マットの設営に、焚き火に、星空に…。普段マルチタスクになりがちな現代人もキャンプでは一つのことに心を集中させることで、自分をリセットし、自分を見つめ直す機会を得られる。

ストレス解消

キャンプの目的は「キャンプそのものを楽しむこと」だけ。タイムスケジュールに追われず、想定外のハプニングも含め、仲間とあるいは1人でとにかく楽しむ。もちろんロケーションの影響は大きいが、キャンプそのものを「楽しむ」ことが一番のストレス解消に。

子育てに良い

自然から学ぶことは親子ともに多い。脳科学者も子どもの脳力を伸ばすためにアウトドア体験をさせることを推奨している。家族の絆は強くなり、大切な思い出も増える。

脳科学者が教える!子どもを賢く育てるヒント 「アウトドア育脳」のすすめ

家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ 旅育BOOK

人気女性誌very4月号は「キャンプしてなさそうなVERYママたちがキャンプしてる」企画ページの中で「VERYは“家族でキャンプ”の文化を支持します!」と宣言。

ここ数年のキャンプブームはVERYママたちの間にも波及中。自然に触れ、家族で目的を達成するキャンプは、子どもの情操教育にも良いことずくめ。キャンプの魅力にハマり、生活に大きな変化のあった子育て世代4名にそのキャンプ愛を語ってもらいました!(引用:VERY4月号,pp.374-375)


VERY(ヴェリィ) 2019年 04 月号

女性生活者の調査レポート