加齢とともに増加 年代別「1カ月あたりの健康への投資額」

(最終更新:2018年10月3日)
リクルートライフスタイルによる、1カ月あたりの健康への投資額に関する調査結果。(対象:全国10〜60代の男女2,582人 , 健康への投資額:健康食品やサプリメント、ドリンク剤、運動・フィットネスのための施設利用料や健康器具の購入など。医療費、介護費、薬代は除く)

今よりももっと健康に投資したい

10〜60代の各年代の男女に、現在の健康への投資額と今後投資したい金額について調査したところ、男女ともに全年齢において「今よりもっと健康に投資したい」と考えていることがわかった。

1カ月あたりの健康への投資額

出典:リクルートライフスタイル

加齢とともに投資したい金額は増加

他、調査で明らかになったのは、現在健康に投資している金額も今後投資したい金額も加齢とともに高くなること。加齢とともに健康リテラシーが高まるからだろう。女性においては今後投資したい金額が40代までは3,000円台だが、50代以降で一気に上がり5,000円台に。更年期による不調の出現が影響していると考えられる。

女性:健康への投資金額、現在と今後

  • 10〜20代(2,118円 → 3,178円)
  • 30代(2,953円 → 3,782円)
  • 40代(3,621円 → 3,907円)
  • 50代(4,275円 → 5,293円)
  • 60代(5,127円 → 5,907円)

男性:健康への投資金額、現在と今後

  • 10〜20代(3,059円 → 3,448円)
  • 30代(2,539円 → 3,918円)
  • 40代(2,948円 → 3,835円)
  • 50代(3,415円 → 4,486円)
  • 60代(4,874円 → 5,813円)

 

【編集部おすすめ記事】
「薄毛対策にいくらかけてる?」不安意識の強さと金額は関係なし?
30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10
サプリメント支出金額、30歳未満と70歳以上で大きな開き
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事