将来のシワ・タルミを予測する遺伝子領域を発見

日本メナード化粧品(名古屋市)は、ゲノム(遺伝情報)データとシワ・タルミに関するアンケートデータとを統合・解析した結果、シワ・タルミを生じさせる要因と関連の強い遺伝子領域を発見した。

遺伝的要因

出典:日本メナード化粧品

皮膚の老化は、顔のシワやタルミといった見た目の変化として現れるが、年齢よりも若く見える人、老けて見える人がいるように、見た目の変化には個人差がある。そこには紫外線などの環境的な要因だけではなく、遺伝的な要因もあることが近年報告されている。同社は、遺伝的要因による加齢変化を探るために研究を開始。その結果、第11番染色体に存在する遺伝子領域「rs12284381」が、将来のシワ・タルミの現れやすさと強い関連があることを発見した。同社は今回の結果を、個々人の老化の予測や適した化粧品や美容方法の提案、新たな美容技術の開発へ応用したい考え。

 

【編集部おすすめ記事】
「シナモン」でシミ・シワケア 美容食材としての認知は上向き
30~50代女性の「しわ・たるみ」対策方法TOP10
化粧品の市場規模と動向 復活の兆し見せる日本と、成長著しいアジア 
【年齢別】女性の美容悩み 調査・データから見えること
他人には厳しく自分には甘い、フェイスラインのたるみ
手っ取り早く確実に 進化するリフトアップ術

新着ニュース