世界の消費者意識調査2019

世界27カ国、21,480人を対象にしたPwCによる消費者意識調査2019年版では例えば以下が分かった。

  • 75%の消費者が、ヘルスケア、ウェルネス、フィットネス関連アプリ最大3種類ををスマートデバイスに入れている
    ・運動のアドバイスとモニター(49%)
    ・ダイエット、減量、健康的な食生活(43%)
    ・ストレス緩和(26%)
    ・バイタルサインのモニター(21%)
    ・予約と処方箋(26%)
    ・睡眠(37%)
    ・妊娠と月経の管理(23%)
    ・応急処置と他の医療情報(22%)
    ・介護士とのオンラインチャット(16%)
  • 消費者は従来になかったオンラインサービスを特に医療分野で求めている。世界の回答者の約2/3が、Amazon、Apple、Facebookなど医療と関係のない企業を通じてサービスを利用したいと考えている
  • ベトナムと中東でモバイル決済が最も大きく成長

調査結果を踏まえ、同社はレポート内で「今必要なのは、カスタマーエクスペリエンスに着目した指標、つまり消費者中心の指標『体験からのリターン』」と提案。レポート前半は世界の意識調査結果、後半は「日本の小売りと消費の実態と顧客の体験」について掲載。グローバルレベルでの消費者意識概要を掴める。⇒【詳細】世界の消費者意識調査2019(PwC)

 

【編集部おすすめ記事】
世界の新潮流、ポピュレーションヘルスを理解する
脱美白 肌のダイバーシティ化は世界的な流れに
世界の平均寿命と健康寿命
米国テック系企業、相次ぐヘルスケア分野への参入 
米国で人気、消費者向け遺伝子検査サービスの現状と課題

新着ニュース