2018年の生活気分にヘルスケア関連ランクイン 関心事第1位は?

博報堂生活総合研究所が実施した調査結果「生活者にきいた“2018年 生活気分”」によると、2018年に「力を入れたいこと」「始めたいこと」にヘルスケア関連がランクインした。昨年は「睡眠負債」が広く知られるようになり、睡眠をテーマにした商品サービスの登場が相次いだ。生活者の2018年の一番の関心事は引き続き「睡眠・休息」のようだ(対象:全国の20~69歳男女3,900名)

<合わせて読みたい記事>
睡眠負債で広がる快眠ニーズ 「パワーナップ」で快眠×ヨガ
5人に1人が睡眠に不満足 国内初「快眠サイクルを整えるキャンプ」開催
キャンセル待ち22万人の超人気店 絶頂睡眠に殺到

2018年力を入れたいこと

「2018年、次にあげる生活行動にどの程度力を入れたいか(複数回答)?」では以下の結果となった。

上記のうち、女性のみのランキングはこちら。

  • 1位:睡眠・休息(85.5%)
  • 2位:健康(84.3%)
  • 3位:家族との交流(76.6%)
  • 4位:趣味・遊び(74.4%)
  • 5位:貯蓄・投資(70.4%)
  • 6位:家事(70.3%)
  • 7位:食事・飲酒(68.1%)
  • 8位:ファッション・身だしなみ(67.1%)
  • 9位:友人・恋人との交流(61.6%)
  • 10位:エンタメコンテンツの鑑賞・閲覧(56.7%)

2016年〜2018年の3年間の推移を確認すると、男女全体で唯一増加したのが「食事・飲酒」。各社・各機関が実施する他調査でも「今後お金をかけたいこと」で毎回上位にランクインするのは「食」。上記調査結果も示す通り、食にお金をかける傾向は引き続き期待できそうだ。

<合わせて読みたい記事>
29年ぶり高水準のエンゲル係数「生活レベル悪化」とは言えない理由

2018年 思い切って始めたいこと

「思い切って始めたいことは何か?(複数回答)」の結果は以下。「力を入れたいこと」と同様、第1位はヘルスケア項目だった。

上記のうち、女性のみのランキングはこちら。

  • 1位:運動・体操・筋トレ(39.9%)
  • 2位:貯蓄(32.4%)
  • 3位:趣味・習い事(31.4%)
  • 4位:ダイエット・食事制限(27.9%)
  • 5位:ウォーキング・ジョギング(26.1%)
  • 6位:副業(23.9%)
  • 7位:仕事(21.9%)
  • 8位:資格や免許の取得(20.7%)
  • 9位:勉強・通学(15.2%)
  • 10位:投資・資産運用(13.9%)

男女間で比較すると「運動・体操・筋トレ」「ダイエット・食事制限」「ウォーキング・ジョギング」はいずれも男性を女性が上回っており、女性の方がヘルスケアの意識が高いことがわかる。

<合わせて読みたい記事>
【男女の違いvol.11】配偶者の健康心配するのは夫より妻 ヘルス・リテラシーの男女差

 

【編集部おすすめ記事】
女性特有の病気で、女性が不安を感じるものTOP7
現代女性が求める 理想の男子
各世代が感じる「若者の〇〇離れ」TOP18とその理由
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事