電動アシスト付きスポーツバイク、女性の注目集まるも…

電動アシスト付きの軽量スポーツバイクに女性の注目が集まっている。一般的なスポーツバイクと比べて電動タイプは疲れづらいため長時間のライディングに向いているからだ。男性と比べて脚力が弱い女性にとって、特に山道やハードコースを走るときに活躍する頼もしい存在。

ただ、電動アシスト付きスポーツバイクは価格が高く、また、デザインを選べるほどまだ市場には豊富に出回っていないため、この2点をクリアできればさらなる女性市場開拓が期待できそう。例えば以下のバイク「PSA1(BESV)」は従来の電動アシスト自転車と比べるとスタイリッシュなデザインではあるが、¥185,000(税別)。気軽に購入できる価格ではない。

パナソニックサイクルテックは、3月1日より電動アシストマウンテンバイク「XM-D2」の発売を開始する。価格はなんと¥600,000(希望小売価格)。

スポーツを”オシャレなライフスタイル”として楽しむ女性は増えている。これに応えようと、スポーツファッションやスポーツアイテムのデザインセンスは近年になり急激に高まっている。電動アシスト付きスポーツバイクもこの流れに続き、女性が好むフォルムやデザインの登場を期待したいところ。手軽に購入できる価格帯であればなお良し!参考までに、2018年の電動アシスト自転車販売ランキングは「電動アシスト自転車専門店『モトベロ』」よりチェック。

 

View this post on Instagram

 

実は昨日の大磯クリテ終わって帰宅後に夜活ローラーしました🙌 . クリテリウム全部合わせて30分しか走らなかったから、走り足りなさがありました. . やはり短時間に出し切る走り方には慣れていないので、とてもいい刺激になりました. 勝ちに行った訳では無いですが負けるとやはり悔しいものですから、地道にトレーニングを重ねていきたいと思います🙌😆 . Zwiftのイベントで『3×13min Climb』というワークアウトがあったので、試しにやってみましたが、とてもバランスいいメニューですね! . 265w20秒×3. 4分ダウン. 170w~180w5分、1分ランプ. 208w6分. 4分ダウン. 繰り返し. 211w6分. 4分ダウン. 繰り返し. 206w6分. 5分クールダウン. . ワット数とケイデンス両方制限されるから出したいワット数が安定しなくてギア比問題でやりづらいところもありましたが、ギアを探るにはとてもいいです。 . #assosofswitzerland #womenscycling #roadbike #大磯クリテ #lapierre #zwift #ロードバイク女子

Shino⇔Yofu Teiさん(@shino_138)がシェアした投稿 –

 

【編集部おすすめ記事】
女性のスポーツジム、選択基準は “Fun!”
スポーツ関連市場、2019年は「リカバリー」に期待
「運動をする理由は何?」スポーツ庁調査結果
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ